お役立ち情報

文書作成日:2022/08/18
移行に有利な認定制度、残すところ1年

 「持分なし医療法人」への移行には、税制や融資で優遇が受けられる認定制度を利用できます。
 この制度の認定期限は、今のところ2023年9月30日。厚生労働省が推進する一方で、移行を躊躇されている医療法人も数多くあります。

●「持分あり」を継続した場合のリスク

 持分あり医療法人では、出資者が出資割合に応じて法人資産を払戻すことができます。出資者が退職の際に払戻しを請求したり、出資者自身が亡くなった後、その相続人が払戻しを請求したりなどの可能性があります。


 特に、大幅に純資産が増額している法人では、払戻額も莫大です。医療法人は配当が禁止されており、評価額が大きく膨れ上がっているケースもあります。

(例)

  1. 設立時 :出資金500万円 うちAが100万円を出資(全体の1/5)
  2. 十数年後:Aは退職に伴い、払戻しを請求 そのときの法人の純資産が3億円

 この場合、医療法人には、3億円×1/5=6,000万円の支払い義務が生じます。


 この状態は、経営を継続していく上で、大きなリスクとなります。これを回避し、地域の医療サービスの安定を図るために、持分なし医療法人への移行が進められています。

●認定制度による優遇措置とは

 移行では、持分の放棄や払戻しにより、持分を消滅させます。このとき、税負担や、金銭的負担が発生します。これを軽減すべく設けられたのが認定制度です。2023年9月30日までに認定されれば、本来発生する相続税・贈与税が猶予(場合によっては免除)され、低利の融資を受けることができます。

 認定制度は、予め厚生労働省に移行計画を申請し、認定を受ける制度です。この計画に基づいて、持分放棄や払戻し、定款変更のための手続きを行い、持分なし医療法人に移行します。移行後6年間は、運営状況を毎年報告することが義務付けられています。

 移行後は「持分」の概念がなくなり、事業承継がスムーズになります。また、内部留保で相続税がかさむ心配からも解放され、安心して利益を計上できる利点もあります。

 一方でデメリットとしては、6年の間、認定制度による要件を満たすことが求められることや、持分がないために、法人が解散しても財産が手元に戻らないことが挙げられます。

参考:
厚生労働省「持分の定めのない医療法人への移行計画の認定申請について(認定医療法人制度)


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
トップへ